育毛剤に興味のあるあなたに必要な情報 育毛剤選び研究室

ミノキシジルとは?効果・副作用を具体的に紹介

更新日:

公開日:

「ミノキシジルってどんな成分なの?」

「ミノキシジルの効果・副作用ってどんなものがあるの?」

このような悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか。

そこでここでは、以下のことを紹介しています。

ミノキシジルの服用を考えている方は、ぜひこの記事の内容を参考に服用するかどうか決めてみてください!

ミノキシジルとは

ミノキシジルとは、壮年性脱毛症(男性型脱毛症やAGA)における「発毛」と「抜け毛の進行予防」の効果が認められている成分です。ミノキシジルは育毛剤の成分ではなく、発毛剤の成分なので勘違いしないようにしましょう。

ここでは、そんなミノキシジルのよくある以下3つの悩みについて紹介していきます。

・ミノキシジルは頭頂部に効かない?

・ミノキシジルとプロペシア(フィナステリド)を併用しても大丈夫?

・ミノキシジルだけやめるのは大丈夫?

これらに該当する方は、以下より紹介する内容をぜひ読んでみてください。

ミノキシジルは頭頂部に効かない?

ミノキシジルは頭頂部の薄毛に高い効果を発揮する成分です。頭頂部の薄毛の主な原因は頭皮の血行不良ですが、ミノキシジルには頭皮の血行改善効果があります。

そのためミノキシジルは個人差はあるものの、頭頂部の薄毛改善に適している成分といえます。

ミノキシジルとプロペシア(フィナステリド)を併用しても大丈夫?

ミノキシジルとプロペシア(フィナステリド)は併用しても大丈夫です。それぞれ効果が違うので、逆に併用することで効果を高められる可能性があります。

実際にAGA治療専門のクリニックでもミノキシジルとプロペシアは併用されていることが多いので、併用しても問題ありませんよ。

ミノキシジルだけやめるのは大丈夫?

ミノキシジルとプロペシア(フィナステリド)を併用している場合、ミノキシジルだけをやめても問題ありません。前述したとおり、ミノキシジルは頭皮の血行改善効果があり、毛を太く、たくましくする成分です。

ミノキシジルは数年間の服用で一定の効果が認められたら、徐々に量を減らせるケースが多いです。ミノキシジルだけやめたい場合は、一度医師に相談してから判断するようにしましょう。

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルの副作用・初期脱毛・肝機能障害
・動悸、息切れ
・赤ら顔
・多毛症
・むくみ
・立ちくらみ

ミノキシジルの副作用として「初期脱毛」がありますが、これはミノキシジルの服用後にすぐに髪がたくさん抜ける症状です。しかしこの初期脱毛は1〜2ヶ月程度で終わることが多く、3ヶ月目からはまた髪が生えてきます。

なお肝機能障害など、他の副作用があまりにも気になる場合は、一度医師に相談するようにしてください。ミノキシジルが身体に合わない場合はクリニックに相談すれば、他にもさまざまな薬を提案してもらえます。

副作用の状態を踏まえた上でクリニックに相談し、自分に合った薬を選ぶようにしてください。

ミノキシジルで生え際が悪化した場合はどうすればいい?

ミノキシジルで生え際が悪化した、もしくは効果が薄い場合は前述したとおり、ミノキシジルとプロペシア(フィナステリド)を併用してみることをおすすめします。プロペシアには抜け毛を防ぐ成分が含まれており、ミノキシジルと併用することでプロペシアの成分を髪に届けやすくできます。

また生え際の血行が悪いというケースもあるため、入浴や運動、頭皮マッサージを取り入れてみてください。頭皮マッサージについては以下の記事で詳しく紹介しているので、ご興味のある方はぜひお読みください。

育毛頭皮マッサージのやり方を詳しく紹介した記事はこちから

ミノキシジルの効果

ミノキシジルには「発毛効果」と「抜け毛の進行予防」の効果があります。具体的に説明すると、毛包に直接作用することで細胞の増殖やタンパク質の合成を促進し、発毛作用を高めるのです。

またヘアサイクルに変化が起こり、小さくなった毛包を大きく深く成長させ、毛髪を太くたくましい毛に成長させる効果があります。ミノキシジルはとくに「壮年性脱毛症」への効果が期待されています。

ミノキシジルの効果はいつから感じられる?

ミノキシジルの効果は早い方で3ヶ月程度、大体の方が4〜6ヶ月程度で効果を実感されている場合が多いです。

ただし毛髪量の変化には個人差があるため、じっくりと時間をかけて改善することがAGA治療の近道といえます。

ミノキシジルの効果を実感したいなら外用薬だけはおすすめしない

ミノキシジルの効果を実感したいなら、外用薬(発毛剤)だけではなく、内服薬も取り入れることをおすすめします。ミノキシジルは動脈に作用する薬なので飲み薬として服用すると動脈を活性化させ、血液の流れが良くなることで頭皮を含む全身に栄養素が行き渡りやすくなります。その結果、毛髪が太くなるのです。

外用薬だけの場合、頭皮周辺の毛細血管は活性化されますが、心臓付近の大動脈まではミノキシジルの効果が届きません。そのため外用薬だけだと、髪の毛まで十分に栄養素が行き渡らず、発毛効果が限定的になってしまうのです。

ミノキシジルの効果を実感したい方は、医師と相談した上で内服薬のミノキシジルの服用を視野に入れてみてください。

まとめ

ミノキシジルは育毛剤の成分ではなく発毛剤の成分なので、まずそこを勘違いしないようにしましょう。ミノキシジルの効果・副作用についてはこの記事で紹介したとおりです。副作用で心配な症状がある方は、必ず医師に相談してください。

またミノキシジルの内服薬を処方してもらう際も、必ずクリニックで医師に相談してください。個人で輸入することもできますが、トラブルの元となるため避けましょう。