育毛剤に興味のあるあなたに必要な情報 育毛剤選び研究室

育毛剤にアルコールが入っている理由!頭皮への影響は大丈夫?

更新日:

公開日:

「育毛剤にアルコールが含まれている理由って何?」

「育毛剤のアルコール成分は頭皮に影響あるの?」

育毛剤に含まれるアルコールが、頭皮に悪影響を与えるんじゃないかと不安な方も多いかと思います。

そこでこの記事では、育毛剤にアルコールが含まれている理由と頭皮にどんな影響を与えるのかを紹介していきます。

育毛剤の使用を迷っている方は、ぜひ本記事の内容を参考に育毛剤を使うかどうか決めてみてください!

育毛剤にアルコールが入っている理由

ここでは、育毛剤にアルコールが入っている理由を紹介していきます。育毛剤にアルコールが含まれている理由は、主に以下の4つです。

・皮脂を取り除くため

・殺菌・抗菌して育毛剤を清潔に保つため

・頭皮の血行を促進させるため

・育毛剤の劣化を防ぐため

これらの理由について以下より詳しく紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

皮脂を取り除くため

アルコール成分には皮脂や毛穴に詰まった汚れを取り除く効果があり、頭皮環境改善に期待ができます。皮脂や毛穴の汚れは薄毛や抜け毛に繋がります。

そこでアルコールの含まれた育毛剤を使うことで皮脂や毛穴の汚れを取り除き、髪が成長しやすい環境を整えられるのです。また、育毛剤に含まれる有効成分の効果も実感しやすくなるでしょう。

殺菌・抗菌して育毛剤を清潔に保つため

アルコール成分には殺菌・抗菌作用があり、育毛剤のボトル内のカビや雑菌の繁殖を防ぐ効果があります。この効果のおかげで、育毛剤を開封しても一定期間は保存ができるのです。

また頭皮の殺菌・抗菌作用もあるため、頭皮環境を清潔に保てます。生活習慣の乱れやシャンプー後に頭皮が濡れたまま放置するなどによって、頭皮に雑菌が繁殖してしまいます。アルコール成分には頭皮の雑菌の殺菌・抗菌効果があるので、雑菌の繁殖を防ぎ頭皮環境を清潔に保つことができるのです。

頭皮の血行を促進させるため

アルコール成分には頭皮の血行促進効果があります。

頭皮の血行が悪い場合、髪の毛に栄養素が行き届かず、抜け毛や薄毛の原因になってしまいます。アルコール成分で血行を促進させることで、髪の毛に栄養素を行き届かせることができるのです。

育毛剤の劣化を防ぐため

アルコール成分には前述したとおり殺菌・抗菌作用があるため、育毛剤の劣化を防ぐ効果があります。アルコールの抗菌作用のおかげで育毛剤は常温保存が可能ですし、1本で1〜3ヶ月以上使えるのです。

育毛剤のアルコール度数(濃度)はどのくらい?

まず、育毛剤に含まれているアルコール成分の多くは「無水エタノール」や「エタノール」と表記されていると覚えておきましょう。一般的に無水エタノールの濃度は99.5vol%以上、エタノールの濃度は95.1〜96.9vol%と言われています。

しかし濃度は各商品によって異なるため、必ず一般例が当てはまるわけではありません。前述した数値はあくまで参考程度におさめておくことをおすすめします。

またアルコール濃度が低い育毛剤を選択したい方には、成分表示でエタノール類が後ろの方に表記されている育毛剤の選択がおすすめです。成分表示はその成分が多く入っている順に書かれているため、後ろの方にエタノール類があるなら、エタノール類があまり含まれていないということになります。

育毛剤のアルコールが頭皮に与える影響

育毛剤のアルコールが頭皮に悪影響を与えるんじゃないかと不安な方も多いかと思います。そこでここでは、育毛剤のアルコールが頭皮に与える影響を2つ紹介していきます。

・頭皮や髪の毛がカサカサになる可能性がある

・アルコールアレルギーの場合トラブルの元になる

育毛剤を使用する前に、育毛剤のアルコールが頭皮に与える影響を学んでおいてください。

頭皮や髪の毛がカサカサになる可能性がある

アルコール成分は刺激が強いため、頭皮や髪の毛を傷めてしまう恐れがあります。頭皮には頭皮を守る「常在菌」が存在しますが、アルコール成分の濃度が高いと常在菌がなくなってしまいます。その結果頭皮が乾燥し、髪がカサカサになる可能性があるのです。

肌が弱い方の場合、フケやかゆみが起こる可能性もあります。髪の毛と頭皮へのダメージや乾燥を抑えたい方は、保湿成分がたっぷり含まれている育毛剤の使用をおすすめします。保湿成分が含まれていれば、これらの症状を抑えることが可能です。

アルコールアレルギーの場合トラブルの元になる

アルコールアレルギーのある方がアルコール成分の含まれた育毛剤を使用すると、頭皮がダメージを受けて頭皮トラブルに繋がる可能性があります。アルコール濃度が高いと腫れやかぶれなどの症状が出ることもあるため、アルコールアレルギーの方はとくに注意が必要です。

肌の弱い方はアルコール濃度の高い育毛剤の使用を避け、アルコールフリーの育毛剤を使用しましょう。

まとめ

育毛剤に含まれるアルコールには、皮脂を取り除く効果や血行促進効果があります。また育毛剤自体の品質を保ち、劣化を防ぐ効果もあります。

しかし、育毛剤のアルコールにはデメリットもあることを覚えておきましょう。とくにアルコールアレルギーや敏感肌などの肌が弱い方は注意が必要です。

肌が弱い方は、本記事で紹介したアルコールフリーの育毛剤をぜひ試してみてください。