育毛剤に興味のあるあなたに必要な情報 育毛剤選び研究室

育毛剤と発毛剤の違いとは?それぞれの目的や効果を紹介

更新日:

公開日:

「育毛剤と発毛剤の違いって何?」

「ミノキシジル含有の安い発毛剤ってあるの?」

「育毛剤と発毛剤どっちを使えばいいの?」

このような悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、以下のことを紹介しています。

【この記事で紹介していること】・育毛剤と発毛剤の違いを紹介・ミノキシジル含有の安い発毛剤を紹介・育毛剤と発毛剤、それぞれの使用をおすすめする人を紹介

育毛剤を使うべき方と発毛剤を使うべき方の特徴をこの記事で紹介しています。この記事を参考に症状が当てはまるほうの使用を考えてみてください!

育毛剤と発毛剤の違いとは

育毛剤と発毛剤の違いは、それぞれの目的や効果にあります。

育毛剤の目的は頭皮環境を清潔に整え、今生えている髪の毛を太く長く、より丈夫に育てることです。効果としては薄毛の原因になっている物質の生成を防ぎ、これ以上の抜け毛を防ぐ効果があります。

一方発毛剤は、新しい髪を生やすことが目的です。発毛剤には「ミノキシジル」という日本で唯一発毛効果のある外用薬として認められている成分が入っています。

また育毛剤と発毛剤の効果の大きな違いは、発毛効果のある「ミノキシジル」が含まれているかいないかです。育毛剤にミノキシジルは含まれていませんので、ご注意ください。

育毛剤と発毛剤どっちを使えばいいの?

育毛剤と発毛剤どっちを使えばいいか迷いますよね。

育毛剤をおすすめする人は、髪の毛のボリュームが低下してきた方や髪の毛が細くなってきた方です。前述したとおり、育毛剤には頭皮環境を整え、今生えている髪の毛を太く長く、より丈夫に育てる目的がありますので、薄毛改善に期待ができますよ。

対して発毛剤をおすすめする人は、薄毛で頭皮が目立ってきた方や朝起きた時やシャンプーの時などに抜け毛が増えてきた方です。ミノキシジルを含む発毛剤を使えば、新しい髪の毛を生やすことに期待ができるため、薄毛改善につながります。

ミノキシジルを含む飲み薬は自己責任で服用可

ミノキシジルを含む飲み薬は、自己責任で服用可能です。ミノキシジルは未認可薬ですが、医師が副作用を含む効能をしっかりと説明したうえで、双方が納得した場合に処方されます。

なおミノキシジルの副作用は以下のようなものがあります。

ミノキシジルの副作用の例・初期脱毛・頭皮や体のかゆみ・発汗、動悸・めまい、頭痛、腹痛・吐き気、だるさ・制欲減退、性機能の低下

ミノキシジルを含む飲み薬を処方してもらう際は医師と話し合うことはもちろん、このような副作用があることを考慮してから処方してもらってくださいね。

発毛に効く食べ物

発毛に効く食べ物・ビタミン類(にんじん、緑黄色野菜、レモン、レバー)・ヨード(わかめ、ひじきなどの海藻類)・亜鉛(牡蠣、かぼちゃの種)・緑茶

発毛に効く食べ物の例としては、上記の表の食品が挙げられます。ビタミン類はビタミンA.B.P.Eが発毛に良いとされており、にんじんや緑黄色野菜、レモン、レバーが効果的です。

ヨードを含むわかめやひじきなどの海藻類には、髪の毛の発育を促す効果があるといわれているため、発毛促進に期待できます。

また亜鉛には、抜け毛の最大の原因といわれている「デヒドロテストステロン」の生成を阻害する効果があるといわれており、育毛効果に期待ができます。

緑茶にも亜鉛と同じようにデヒドロテストステロンの生成を阻害する効果があるといわれているため、育毛・抜け毛対策に効果的です。

ミノキシジルを含む飲み薬を処方してもらうのもひとつの手ですが、副作用が心配な方はまず普段の食生活から気をつけてみてください!

ミノキシジル含有の安い発毛剤

ロート製薬リグロEX5エナジー大正製薬リアップEXジェット佐藤製薬アロゲイン5
最安値Amazon→5,940円Yahoo!ショッピング→5,500円楽天→5,500円Amazon→4,095円Yahoo!ショッピング→3,789円楽天→3,789円Amazon→5,479円Yahoo!ショッピング→3,980円楽天→3,980円
分類第一類医薬品第一類医薬品第一類医薬品
種類外用薬外用薬外用薬
成分ミノキシジルミノキシジルミノキシジル
内容量60mL100mL60mL

ここでは、ミノキシジル含有の安い発毛剤を紹介していきます。

安い発毛剤を探している方は、ぜひこの記事で紹介している内容を発毛剤選びの参考にしてみてください!

ロート製薬「リグロEX5エナジー」

最安値Amazon→5,940円Yahoo!ショッピング→5,500円楽天→5,500円
分類第一類医薬品
種類外用薬
成分ミノキシジル
内容量60mL

リグロEX5エナジーはミノキシジルだけでなく、パントテニールエチルエーテルやピリドキシン塩酸塩など、4種類の有効成分を配合しています。これらの成分には毛髪への栄養補給をしたり、過剰な皮脂分泌を抑えたり、血行を促進したりする効果が期待できます。

またやわらかいノズルヘッドを採用しているので、頭皮への負担を減らしながら塗布できますよ。

ミノキシジル以外にもこだわり成分が入っているものを探している方におすすめです!

大正製薬「リアップEXジェット」

最安値Amazon→4,095円Yahoo!ショッピング→3,789円楽天→3,789円
分類第一類医薬品
種類外用薬
成分ミノキシジル
内容量100mL

リアップEXジェットは、香りつきの手軽なスプレータイプの発毛剤です。フレッシュペアの香りつきなので、使用後は爽やかな気分になれますよ。また使用量を噴射した後に自動でロックがかかる定量噴射器なので、使いすぎる心配もありません。

成分はミノキシジルが含まれていることはもちろん、ミノキシジルの効果をサポートする3つの有効成分を含有。これらは頭皮環境を整える効果があるので、発毛促進に期待ができます。

最安値は3,789円と3,000円台でお手軽ですし、内容量も100mLなので比較的長くもちます。安くて大容量の発毛剤を探している方には、リアップEXジェットがおすすめです!

佐藤製薬「アロゲイン5」

最安値Amazon→5,479円Yahoo!ショッピング→3,980円楽天→3,980円
分類第一類医薬品
種類外用薬
成分ミノキシジル
内容量60mL

アロゲイン5はミノキシジルを5%配合しています。こちらは直接頭皮に塗るピンポイントノズル式の発毛剤なので、液剤の無駄なく使用可能です。また防腐剤や酸化防止剤は不使用ですし、無香料なので匂いを気にせず使えます。基剤にベタつきの原因となる成分を含んでいないので、使用感もバツグンですよ。

安くて使用感の良い発毛剤を探している方におすすめです!

まとめ

この記事では育毛剤と発毛剤の違いやミノキシジル含有の安い発毛剤を紹介してきました。

育毛剤と発毛剤の違いは、それぞれの目的や効果にあります。育毛剤は頭皮環境を整え、今ある髪の毛を太く長く、より丈夫にすることが目的です。一方発毛剤は髪の毛を生やすことが目的です。育毛剤と発毛剤は違うものなので、混同しないようにしましょう!

抜け毛で頭皮が目立ってきた方は、この記事で紹介している内容を参考に発毛剤を選んで使ってみてください!