育毛剤に興味のあるあなたに必要な情報 育毛剤選び研究室

育毛剤の有効成分を紹介!そもそも育毛とは?

更新日:

公開日:

「そもそも育毛とはなに?」

「育毛剤の成分にはどんな効果があるの?」

「絶対生える発毛剤・育毛剤ってあるの?」

このような悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、以下のことを紹介しています。

【この記事で紹介していること】・育毛とは何なのかを紹介・育毛剤の成分の効果を紹介・絶対生える発毛剤・育毛剤はあるのか紹介

育毛剤に含まれている成分によって期待できる効果が異なりますので、この記事を参考に自分に合った成分が含まれている育毛剤を見つけてみてください!

育毛とは

育毛とは「髪を育てる」という意味です。育毛の目的は髪を生やすことではなく、現在生えている毛の成長を促し、今よりも太く抜けにくい髪の毛にすることです。

似た言葉で「発毛」という言葉がありますが、発毛は新しい髪の毛が生えてくる現象のことを指しますので、髪を育てる「育毛」とは意味合いが違います。育毛と発毛は言葉が似ていますが、意味合いが違うので注意しましょう!

育毛剤の有効成分とは

育毛剤の有効成分の例・ニンジンエキス・センブリエキス・クジンエキス・フィナステリド

育毛剤の有効成分とは、ニンジンエキスやセンブリエキスなどの発毛を促進する成分やクジンエキスなどの頭皮環境を改善する成分、フィナステリドなどの抜け毛を予防する成分のことです。

育毛剤の成分の効果は「発毛を促す」「頭皮環境を清潔に保つ」「抜け毛を予防する」の3つに限られています。というのも、育毛剤は医薬部外品に分類されており、症状の進行防止や衛生目的で使われる薬だからです。

また医薬部外品なので、副作用が発毛剤よりも少ないという特徴があります。

育毛剤の有効成分

育毛剤の成分の効果は、前述したとおり「発毛を促す」「頭皮環境を清潔に保つ」「抜け毛を予防する」の3つです。

ここでは具体的にどんな成分があってどんな効果があるのかを紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください!

センブリエキスなど発毛を促進する成分

発毛を促進する成分の例・ニンジンエキス・センブリエキス・パントテニルエチルエーテル・アデノシン・ペンタデカン酸グリセリド

発毛を促進する成分の例として、ニンジンエキスやセンブリエキスなどがあります。これらの成分は毛母細胞の活性化や血行促進の効果があります。

毛母細胞とは、血管から運ばれたエネルギーを養分として髪の毛を成長させている細胞で、簡単にいえば髪の毛を作り出している細胞のことです。発毛を促進させるためには、毛母細胞の活性化や血行促進が必要です。

ニンジンエキスやセンブリエキスなどにはこの2つの効果があるので、育毛剤の有効成分として取り入れられています。

クジンエキスなど頭皮環境を改善する成分

頭皮環境を改善する成分の例・クジンエキス・セファランチン・ジフェンヒドラミン塩酸塩・グリチルリチン酸ジカリウム・イソプロピルメチルフェノール・サイトプリン

髪の毛を成長させる際には発毛促進だけでなく、頭皮環境も大切です。頭皮が汗やホコリ、ゴミなどによって不潔な状態だとフケやかゆみなどの頭皮トラブルが起こったり、抜け毛や脱毛に繋がったりする可能性があります。

クジンエキスやセファランチンなどには、雑菌の繁殖や炎症を抑えて頭皮環境を整える効果があるため、育毛剤の有効成分として取り入れられています。

フィナステリドなど抜け毛を予防する成分

抜け毛を予防する成分・フィナステリド・t-フラバノン・エチニルエストラジオール

抜け毛の原因のひとつとして、ジヒドロテストステロンと呼ばれる男性ホルモンがあります。この男性ホルモンは毛母細胞の働きを低下させてしまうので、抜け毛の原因になっています。

抜け毛を予防するには、ジヒドロテストステロンを抑制することが必要です。フィナステリドやt-フラバノンはジヒドロテストステロンの抑制や、髪を抜けにくくする効果があるため、抜け毛予防に効果的です。

ミノキシジルは育毛剤成分ではなく発毛剤成分

ミノキシジルは育毛剤成分ではなく、発毛剤成分なので間違えないようにご注意ください。

ミノキシジルの効果は壮年性脱毛症における「発毛効果」や「脱毛の進行予防」です。育毛は髪を育てることが目的であり、発毛剤は髪を生やすことが目的です。

ミノキシジルは髪を育てることが目的ではなく、発毛に効果がある成分なので混同しないように注意しましょう。

絶対生える発毛剤・育毛剤はある?

絶対生える発毛剤・育毛剤はあるのかどうか気になりますよね。結論から申し上げますと、自分に合った成分が含まれている発毛剤・育毛剤を見つければ、効果が得られる可能性が高いです。

また間違った使い方をしていたり、使用をすぐやめてしまったりすると効果が出ない可能性がありますので、ご注意ください。発毛剤・育毛剤の効果を実感するためには、正しい使い方をしたりある程度の期間使用を続けたりする必要があります。

市販の育毛剤は効かない?

市販の育毛剤が効かない場合は、自分に合っていない育毛剤を使用している可能性があります。自分に合った成分が含まれている育毛剤なら効果が期待できる可能性が高いです。

壮年性脱毛症なのか、AGA(男性型脱毛症)なのかで効果が期待できる成分は異なります。壮年性脱毛症ならミノキシジル含有の発毛剤を、AGAなら一度クリニックで診察してもらうことをおすすめします。

また市販の育毛剤の効果が出始めるのは使用してから4〜6ヶ月後なので、4〜6ヶ月間使用を続けることにも気をつけてみてください。

まとめ

この記事では、育毛剤の成分について詳しく紹介してきました。

自分に合った育毛剤を見つけることで「発毛を促す」「頭皮環境を清潔に保つ」「抜け毛を予防する」この3つの効果が期待できます。育毛剤を使用する際は、この記事を参考にぜひ自分に合った育毛剤を見つけて使ってみてください!